忍者ブログ

皆さんからの。


どーも。

今年の誕生日はたくさんの方からメールをいただいたり、お電話をいただいたりしました。
感謝でアリマス。(^O^)

今回は各界(?)の方々からいただいたプレゼントを紹介したいと思います。


まずは親戚から郵送で送られてきたプレゼント。
部屋着と靴下(^O^)
靴下欲しかったので非常にラッキーです。

それと一緒にお手紙と永ちゃんのCDも同梱されてました!(^O^)

たまらんですね。








次は妹からのプレゼント!

色紙とキーケースとメタリックナノパズル(^O^)

うれしーーーい(^-^)
妹が一生懸命バイトして稼いだお金で買ってくれたんやろうな、選ぶのに時間かけてくれたんやろな、と思うと涙がチョチョぎれますヽ(;▽;)ノ(色紙の「Birthday」の綴りが間違ってるのは許してあげましょう!)







次は東京の人から!
手作り市でいつも仲良くしてくれてるLotus soundの島村さんと息子さんの蓮音くんからのプレゼントです(^O^)

手作りのメッセージカードと手編みのてるてる坊主!
メッセージカード、嬉しいなぁ(^-^)
蓮音くんは11歳の男の子で、将来サッカー選手になりたいんだそうです。
そのために毎朝5時半頃から2kmほどのランニングをして、毎日練習は欠かさないんだそう。
スゴい努力ですよね。
拙者も見習いたいと思います。






続きまして・・・
すげぇプレゼントが届きました。

地元の友人及び神戸時代にバイトしてたガソリンスタンドの先輩たちからの救援物資です!(゚∀゚)

凄すぎてビックリ!(°▽°)

メチャでかいダンボール箱いっぱいにレトルト食品やカップラーメンを送ってくれたのですヽ(;▽;)ノ

友人が計画して、それに賛同してくれたバイト先の先輩や他の友人がみんなでお金を出し合って準備してくれたんだそうです。

ありがたいねぇ・・・(涙)






感謝して生きなあきませんね。


もちろん物質的なプレゼントも嬉しいんですが、一緒に入れてくれてたお手紙とかメッセージカードとかがやっぱり嬉しくてね、家で何回も読み返してます。

ホンマに嬉しいなぁ。





ネガティブにクヨクヨしてちゃダメですね。

最近もね、不条理なことや面倒な問題に巻き込まれることがあって。
「なんで!?」とか「よくもこんな次から次から問題がやってくるよな!」って自分で感心するほどです。


今までの僕ならいじけて、完全にぺちゃんこになってたと思うんですが、最近はナゼかそんなことがありながらも生きてて楽しいです。


まぁ厳密に言うと生きてて楽しいとか楽しくないとか、辛いとかしんどいとか思えないぐらい「忙しい」です。


そして具体的にやりたいことや目標なんかが見えてきてね、寝る間もないような状態です(おかげでチョット体調崩したww本末転倒www)




またそのうち突拍子もないこと言い出すかもしれませんww(^-^)


周りの人から「またアイツは何をやらかすのやら・・・┐(´ー`)┌」と思われるように頑張りたいと思います。



それでは、この辺で失礼します。

拍手[9回]

PR

サンキューです。アオキ22歳になりました。


どーも。


今日で22歳になってしまいました。

誰がこんなクズみたいな22歳を想像したことでしょう!!(^O^)




正直申し上げて不安と焦燥感でいっぱいです。


普通ならもっと成果が出ててもイイんじゃないかとか、他の同世代の連中はもっと先のこと考えてるんじゃないかとか思って不安になってしまいます。











8年ほど前に亡くなった親戚の伯父が「誕生日ってのはな、自分をお祝いする日とちゃうねん。産んでくれた親に感謝する日やねんで」と言ってたのを誕生日がくるたびに思い出します。





確かに、よくよく考えれば誕生日に本人を祝うなんておかしい。(またクドクドと鬱陶しい話になってきたwwしばらくお付き合いください(^O^))





僕は1991年の7月1日に生まれたけど、1991年7月1日に「よっしゃー生まれたでー」なんて実感はなかった。というか覚えてない。



1991年の7月1日に大変な思いをしたのは産みの親やと思う。

だから、自分の誕生日は産みの親に感謝すべき日だというのは正解やと思います。







でも残念ながら僕には産みの親はいません。

僕は神戸時代、おじいちゃんとおばあちゃんに育てられました。




そして僕が働き出してから、或いは東京に出てきてから、職場の諸先輩やたくさんの方々に助けられ、支えられ、育てていただきました。

なので今、お声をかけてくださる人や、今までお世話になった方々に感謝しています。
ありがとうございます。



シブい言い回しになってしまいましたがこれからも宜しくお願いします。





あー、最後になんか面白いこと言いたいな・・・

あ、一つ思い出した!


明石家さんまさんと江頭2:50さんと同じ誕生日です。(とても嬉しく思っています。)


それでは、失礼します。


拍手[10回]

ウロロノとうろうろ。


どーも。



前回の記事ではお騒がせ致しましたm(_ _)m

たくさんの方からメールやお電話いただいたり、Facebookやmixiでコメントやメッセージいただきましてありがとうございました。


正直まだ気分が晴れた訳ではありませんが、皆さんの貴重な経験談などを聞かせていただいたり、激励もあり、叱咤もあり、ありがたかったです。








さて、暗い話はココまでにして、先週あった出来事を書きたいと思います。
チョット長い記事です。覚悟してお読みください。(^O^)





先週土曜日、人形師ウロロノさんこと宮さんが新宿駅の南口で路上パフォーマンスをしているという情報を聞いて行ってきました。




宮さんは人形師であり、僕がいつも手作り市出展でお世話になってる調布一樹会さんのスタッフさんでもあります。





新宿まで行ってきたのですが、タイミングが少し遅かったみたいでお片付けをしてる途中でした。



「ちょっとタイミングが遅かったですね!」なんて話しかけると
「おぉ、青木くん!来てくれたの!!今日は散々だったよ。いつもなら往復の交通費ぐらい集まるんだけどね。」とあまり結果はよろしくなかったようでした。





んでしばらく喋ってると「このあとヒマ?」と聞かれたので
「あぁ、まぁヒマっちゃヒマですね。」と答えると
「チョット用事があるから一緒に来る?」と誘っていただきました。





詳しく聞いてみると、僕が3月に出展でお世話になった(製作記参照。)一橋大学の学生さんたちがやってる「ゆーから」の店舗に宮さんの人形を展示しに行くとのこと。




ゆーからの学生さんたちとも顔見知りだし、一緒に国立までついて行くことに。



こちら、ウロロノさんの新作人形「ショコラ」です!

ふくらはぎの形とかとってもセクシーだと思います(どこ見とんねん)









お人形の設置が終わったあと、二人で帰る途中に宮さんの御厚意で、急遽飲みに連れって行ってもらうことに。


調布にある、宮さんオススメの日本酒が美味しい焼き鳥屋さんへ。


日本酒で乾杯です。




最近悩みが多く、行き詰まってる僕の状態を察してくれたみたいで色んなお話をしてくれました。



仕事のこととかね。
まぁ最終的には「気の持ちよう」ってことなんですけどね。


最近色んな人に言われるのですが、どうやら僕は「ポジティブにとらえる」ってことが苦手なようです。








続いて焼き鳥。

焼き鳥なんて久しぶりです。(^O^)






お互いの身分の話や出生から今までの話、学生時代・バイト時代の話など話題は尽きません。





そして手作り市における「物作り」の話に。


「自分のアイデアや権利は絶対他人に譲っちゃダメだよ。」と。




僕が永ちゃんを好きってことを知っててヤザワの話を交ぜてくれます。


「小室哲哉と矢沢永吉の違いだよね。」って。

どちらもヒットメーカーであるけど自分の作ったものを大事にするか否かの違いを話してくれます。


「90年代、小室哲哉の全盛期で、その時ヤザワは側近に裏切られ30億円超の詐欺被害に遭ってた。
でもその時、小室は自分の曲を大事にしなかった。曲の権利を他人に売っちゃったんだね。
だから最近になってあんな事件起こしちゃった。
一方ヤザワは苦しい時も自分の曲は全部自分で管理してた。自分の権利を大事にしてた。
今になってどうよ?大逆転だよね。」


「だから、規模は違えど手作り市においても自分のアイデアや権利は他人に譲っちゃダメだよ。」と言ってくれました。








面白い例えで良いお話なのですが、ココまでくると二人ともベロベロです。



宮さんの日本酒の知識を交えながら、どんどん酒はすすみます。





続いて大根煮を注文。

僕、大根好きなんです。
おでんの大根、サイコーよね。







ココからまた僕のネガティブな話になり、そして人生論の話に。





「ずっと考えてることがあるんだけどね。」

「はい。」

「幸せってのは人によって生まれた時から一定量が決まってあるんだ。
あ、コレ僕の持論ね。
例えば、5の幸せ量の人がいるとする。
その人は5の不幸も経験する。
そう思ってるんだ」って。


要するに人生において幸と不幸は絶対値が同じである、ということ。


「その幸せの値は人によって違うから、例えば100の不幸を経験した人がいるとする。
その人は必ず100の幸せを手に入れる。」と。


もし宮さんの持論が本当だとするならば(それを立証するためにも)、少し人生の天望が垣間見えたような気がします。

いずれにせよ、酔っ払い二人組の会話です(^-^)あしからず。




シメは鮭茶漬け。

メチャ美味い(*゚▽゚*)



まぁ、こんな感じで楽しい時間を過ごすことが出来ました、という話でした。


宮さん、ごちそうさまでした。


また頑張れそうです。

それでは、失礼します。

拍手[14回]

突然ですが質問。



どーも。


唐突ですが、この記事を見てくれている方に質問です。



皆さん、今生きてて楽しいですか?



もう一つ。
「自殺」を考えたことってありますか?




いきなりごめんなさい。









「こいつヤバイ!」って思った方・・・
正解です!


頭はもとからヤバイです。

ついでに顔もヤバイです。やかましいわ。








なんでこんな質問をしたかというと、前々から僕自身あんまり生きてて楽しくないなぁ・・・と思うことがしばしばある(明確な要因もあるんですが)ことと、このまま生き続けてどうなるんやろう?と途方にくれることがよくあるのです。(そんなことを考えてもどうしようもない、ってことはわかってるんですけどね・・・。)








それともうひとつ理由が。


自分の中でそんなことを考えている最中、小学校時代の同級生が自殺したという一報を聞いたからです。





地元の友人と電話してるときにね、「そういや小学校の時に〇〇っておったん覚えとう?」って。


「うん、覚えとうでー。たまに休み時間とか遊びよったわー」って僕が言うと
「〇〇が自殺したらしい・・・」と言われました。




これはあまりにもショッキングな知らせでした。
それと同時に「他人事ではない」という実感が襲ってきたのもありました。






めちゃめちゃ仲良かったわけではありませんが、小学校時代なんかは同じクラスになったこともあるし、たまに遊んだこともあるような子だったんです。




体は大きい子だったんですが、虚弱体質っていうのかな?身体はあまり強くなかったんですね。
精神的にもあまり強い方ではなかったんだと思います。優しい性格の子でした。







お通夜に参列したという友人に連絡を取ったのですが、死因や自殺の理由は判らず、通夜の会場も亡くなった子の側近の友人が泣き崩れてて詳細を聴ける状態ではなかった、と言われました。


飛び降りたのか、手首切ったのか、クスリ飲んだのか、電車に飛び込んだのか、それはわかりません。


でも、なんでそこまで追い詰められてたのか、そしてその子が最期の瞬間に何を想ったのかと考えるといたたまれないです。






僕自身、自殺は考えたことはありません。というか、自殺を選ぶほどの根性がありません。

語弊があるかもしれませんが、自殺を選ぶ人たちは勇敢であるとさえも思ってしまいます。





僕が今、生きててあまり楽しくないってのは、お金もないし生活も最低レベル、やりたいこともできず、そして最近は心無い人たちに出くわす機会が多い、というのもあります。



普段の僕を知ってくれてる人だったら意外に思われるかもしれませんが、今にでも怒り狂いそうなことが多々あります。(主に地元関連。)



世の中思った通りにいかないというのは当然なんですが、あまりにも理不尽で腑に落ちないこと(いわゆる「とばっちり」的なこと)が多く、怒りを通り越して疲れてきてるのも事実です。



そして自分でこんな差別的なことをいうのは何だと思いますが、僕はあまり日本人っぽくない顔つきなのでそれをバカにされることも度々あります。初めて会う人とかにでも。

その度に「あー、一生この顔かー」って思うとチョット辟易としてしまうことがあります。




まぁ僕の話はどうでもいいんですけど、同級生が自殺したという話を聞いて、周りの友人は「自殺までしなくても・・・」とか「死ぬぐらいの覚悟があれば何でもできる」とかって意見もありましたが、正直僕はそうは思いませんでした。




「自殺した人の気持ちが解る」と言ったら亡くなった方に失礼かもしれませんが、生きる悦びよりも辛さのほうが上回る瞬間があるのは解るし、それを乗り越えたところで生き続けてどうなるんやろう・・・?と思うことがあるのです。


こんな考えがヤバいってのは重々わかってるんですけどね。
弱っちい性格の僕は特に考え込んでしまうのです。



でもそんな僕にも優しく接してくれる人や支えてくれる人、悩みを聞いてくれる人がたくさんいるのでそんな人たちに恩返しができるように這いつくばってでも生き延びたいと思います。



そして最後になりましたがこの度亡くなった友人のご冥福をお祈りしたいと思います。

拍手[4回]

A DAY


どーも。




こないだの布多天神社の手作り市の時に来てくださったお客さんからとても嬉しいメールをいただきました。


カップル(ご夫婦?)で来られてた方たちだったんですが、女性の方がガンプラを作ってるとおっしゃってて。





僕はカープラ専門なのでガンプラはわからないものの、そのお客さんが僕のジオラマを見てくれて作り方や材料など、すごく興味をもってくれたみたいでしばらくお喋りしたんですよ。




んでとりあえず名刺だけお渡ししてそのお客さんは帰りはったんですが、それから僕のホームページを見てくれたらしく、その感想をわざわざメールでくれたんです!







せっかくなのでチョットだけ文面を紹介させてください(^O^)





「今日、調布のつくる市で作品を見せて頂いたガンプラ好きな女です。早速帰宅後サイトを見させて頂きました。

制作記のご友人から譲り受けた車がピカピカになっていく様子に感動しました。うるうるしてしまいました。

以前同僚からバイクのプラモ作りを頼まれてつくりましたが、モンキーの制作過程を見て反省とリベンジの気持ちに火がつきました。

物を作る楽しさや、制作の工夫と美しい作品の詰まった素敵なサイトですね。また拝見したいとおもいます。

また出展されている所にも伺いたいです。
これからも素敵な作品を作って下さいね。」







こんなメッセージをいただきました。
嬉しくてこちらのほうがウルウルしてしまいます。





時々こうやってメールをくれる方がいるんです。
とても嬉しいです(((o(*゚▽゚*)o)))








久しぶりにプラモかジオラマの製作過程の記事でも書こうかなーと思ってます。

でもね、製作過程を書くのって実はチョット難しいんですよね。

製作のペースとブログの記事を書くペースとを合わせないとイケナイから、そのペース配分が難しいんです(´・_・`)

まぁ、また気が向いたらやろうと思います(^_^)











さて、話は変わりますが今日は仕事が休みだったので買い物に行ってきました。

で、リサイクルショップに寄ったんですよ。


おもちゃコーナーに行ったら定価2200円のトヨタbBのプラモデルが315円(!)で売られてたので買ってしまいました・・・



イヤ、当初買うつもりなんてなかったんですよ。
bBにも全ッ然興味ないし。





ただ、プラモデルの箱を手に取ったら「315円」って値札が貼ってあって。

「あぁ、安いなぁー」って思っただけなんですが・・・








気がついたらレジに行ってお金払ってましたね。(⌒-⌒)菩薩







お金払って、レシートとお釣りもらった瞬間に「はッ!」って。
「あ、僕はプラモ買ったんや。」ってね。


特に興味のない車種なのでストレート組みでチャチャっと作れそうです(^_^)(どういう話やねん)





はい。

そんなトコです。


それではこの辺で失礼します。

拍手[10回]

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

フリーエリア

最新コメント

[06/26 やまだ]
[04/26 やまだ]
[11/15 hani*rapha]
[08/17 チャソ]
[08/17 hani*rapha]

プロフィール

HN:
チャソ
年齢:
26
性別:
男性
誕生日:
1991/07/01

バーコード

ブログ内検索

最古記事

(08/07)
(08/12)
(08/19)
(08/25)
(08/27)

忍者アナライズ

P R