忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「誰かと暮らす」ということ。


どーも。



このブログではあまり記載していなかったのですが、昨年の11月半ば頃から、地元から引っ越してきた(というか居候)友人と2か月半ほどに渡って一緒に住んでいました。(Facebookなんかでは近況報告でよくUPしてましたが)




経緯としては、地元での実家暮らしの生活に少し飽きていた友人が「一生のうちに一度、東京暮らしを体験してみるのもエエかもしれん」と思っていた(多分)っていうのが一つ。


あとは僕自身、地元に対してあまり良い感情が無いので、「地元を出たい」と思ってるヤツがいれば、なるべく力を貸してあげたい、と思ったのが今回の同居(?)に至った経緯でありました。





実際、この2か月半は楽しかったし、ある意味貴重な時間でしたが・・・
それは、最初から期限を決めていたから、かもしれません。







僕は上京してから5年以上経つので、必然的に「誰かと住む」というのは5年ぶりだったワケですが、神経質な自分の性格からすれば「誰かと一緒に生活する」ということは、とても窮屈で神経を遣い、ストレスのたまることだ!と改めて実感したのでありました。爆





まぁ今回同居してたヤツがかなり特殊なヤツだった、というのが大きいですが(イビキがめちゃめちゃうるさいとか、寝言で叫びだしたりとか、性根がボンクラだったりとか・・・あ、もうこれ以上は彼の名誉の為に控えておきます。菩薩)、それ以外にも生活のサイクルとか、家にいる間は常に顔を合わせて干渉している、というのが僕にとっては耐え難い事案だ、という話なのです。





最初のほうはね、毎晩寝る前なんか、修学旅行の就寝前の部屋みたいで、あーでもないこーでもない、仕事がどーちゃら、好きな娘がどーちゃらと喋り散らかしてたもんなんですが。。。


もうアレですもんね、終いには寝っ転がってるソイツのサマを見ただけでイラッとしてましたもんね!爆








基本的に僕は一人でいる「弧」の時間が好きなので、今回の事案はなかなかおっかなびっくりな体験だったという気がします。(^_^)



僕が上京する前を思い返してみても、例えばご飯なんかはおばあちゃんが「なんか好きなもん買うてきぃ!」といって500円玉とか渡してくれて、それで出来合いのお惣菜とか買ってきて、ご飯だけ炊いてくれてるから、自分一人で勝手に食べてたというような感じでしたから、当時から「誰かと必要以上に干渉する」というのは少なかったのかもしれません。
そして「弧」に慣れていたのかもしれません。


いやでもね、「孤独な時間」って大事ですよ!ホント!!(^o^)
僕はそう思います。









少し視点は違いますが、「誰かと一緒に暮らすのが恐ろしい!」という意味で言うと、心の中に僅かにあった”結婚願望”が跡形もなく見事に消え去った今回の事案でありました。


自分の家に自分以外の誰かがいるなんて気色悪いですわ!!!!!!(異論は認める。)



こんな考えが覆る日は来るのでありましょうか。。。

では、この辺で失礼します。

拍手[8回]

PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

フリーエリア

最新コメント

[06/26 やまだ]
[04/26 やまだ]
[11/15 hani*rapha]
[08/17 チャソ]
[08/17 hani*rapha]

プロフィール

HN:
チャソ
年齢:
26
性別:
男性
誕生日:
1991/07/01

バーコード

ブログ内検索

最古記事

(08/07)
(08/12)
(08/19)
(08/25)
(08/27)

忍者アナライズ

P R